TAMIYA 1/24 NISMO R34 GT-R

TAMIYA 1/24 NISMO R34 GT-R
エンジン移植した作品

タミヤ 1/24 NISMO R34 GT-R Z-tuneです。
T社からリリースされているR34にはエンジンが再現されてません。 GT-Rファンとしては名機RB26は是非積みたいところですが、なぜなのか(´д`)

そんな不満があったので、アオシマ製のR32からエンジンをまるっとゴリ押しで移植してみました。エンジンカバーを除く補器、インテークパイプ等は自作。初のエンジン移植でしたが、意外とすんなり。GT-R関連の参考書を見つつ、ほぼプラ材から作り出しています。

製作当時は開閉機構を設計する技術がなくボンネットはのせてるだけ。(笑)
いま見るとおもちゃっぽな。

カラーリングはベイサイドブルー

r34 GT-rr34 GT-R ペイントワークスさんの調色配合サービスを利用し本物と同じ塗料を使って塗装。
「自動車用塗料だとかなり多い量購入しないとダメじゃないの?」っと思うかもしれませんが。
ペイントワークス様の調色配合サービスは模型・プラモデルのために200gの設定があります。価格も2000円~。 こだわりと愛があれば手の出るレベル。
GT-Rを製作するとき調色サービスについて結構調べましたが、注文方法が解りやすく小ロットでやってくれるところはここぐらいではないでしょうか?
個人的にオススメです。

仕上げはウレタンクリアー

23 トップコートには自動車補修用のロックペイント社製「マルチトップクリヤーSH」を使用。 恐らく、量が多い分模型用のウレタンクリアーよりも安価かと思います。 よくカーモデル作る人でないと使い切れないかも。

ScreenshotマルチトップクリヤーSH

各部カーボンデカールで質感表現

7

フロントリップスポラーは分割しプラ板と組み合わせ新造。 塗装まで仕上げたあと取り付け。
キットのままでは、非常に細くマスキングも難しいところです。 別パーツ化すればカーボンデカールも綺麗に施すことができます。

54

カラーレシピ
  • ボディカラー : 日産TV2 ベイサイドブルー 2CM(実車用)
  • ホイール : ガイアノーツ セミグロスブラック
  • 内装 : フィニッシャーズ ピュアブラック 及び Mr.カラー モンザレッド
  • シャシー : フィニッシャーズ ピュアブラック etc.
クリアーコート
  • ボディ) : ロックペイント マルチトップハイクリヤー(ウレタン)
  • (内装) : ガイアノーツ Ex-フラットクリアー
磨き
  •  スジボリ堂 システムコンパウンド ステップ1,2,3
  • ハセガワ セラミックコンパウンド
  • スジボリ堂 ガラスブライト
ディテールアップパーツ
  • タミヤ 1/24 NISMO R34 GT-R Z-tune用 エッチングパーツ
  • スタジオ27 カーボンデカール C 綾織 S
  • スタジオ27 カーボンデカール A  S
参考資料

㈱交通タイムス社 CARTOP MOOK R34 SKYLINE Best album
㈱交通タイムス社 CARTOP MOOK GT-R RESTORE BOOK
モーターマガジン社 Motor Magazine Mook GT-R BROS. R35/BNR34

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

  • PICKUP