武装と細部の調整 HGBF 1/144 ガンダム Ez-SR ②

武装と細部の調整 HGBF 1/144 ガンダム Ez-SR ②

ネットで作例を眺めてるとみんな考えることは同じようだあんま被らない改修考えてイジってるとるとなかなか進まないェェ(´д`)ェェ
というわけで、Ez-SRの進捗! (これ書いてる時点でもうちょっと進んでるけど・・・てか、塗装してます(´・ω・`)

前回のプロポーション調整(【製作1】HGBF 1/144 ガンダム Ez-SR プロポーション調整)は完了したので武装とそれに合わせて細部の調整 といった内容です。Ez-SR

武装はビルダーズパーツのシステムウェポンに変更

システムウェポン003 ショートバレルのライフルと007のバズーカを拝借。 バズーカのレドームをランドセル右側に設置して索敵レーダーに見立てています。 バズーカ本体はバレルを短く切り詰めてEz-SRのスケール感に。 グレネードランチャー的な扱いにしてみた。Ez-SR

アンテナを片側排除 肩はスタンダードな形状に

本作のコンセプトは「特殊部隊的」なので軍用兵器らしさを出すため片側を排除。
肩周りは背中の武装との干渉を回避するためプラ板を適当に貼り付けスタンダードに。 溝埋めにはシアノンとWAVEの0.5mm。
Ez-SR

太ももの可動域を少しだけアップしディスプレイ時コケにくく

仮組み時から気になっていた、太ももと尻を覆う装甲が干渉して狙った立ち姿にできない症状。 尻の装甲を1mm程切り取り、若干の可動域アップし解消。

キット純正でもそうだが背中の武装がいかんせん重いため後ろに転びやすい。 ディスプレイ時なるべく脚を後ろに引けるようにすれば少しは転倒しにくくできるだろうからこの改修は有効だと思う。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

  • PICKUP