プロポーション調整 HGBF 1/144 ガンダム Ez-SR ①

プロポーション調整 HGBF 1/144 ガンダム Ez-SR ①

2月完成予定はHGBFのEz-SR。

劇中ではパッとしませんでしたが、個人的には結構好きなタイプのMS。量産機的なカラーリングとフォルムがイイ。web上の作例だとレッドウォーリア風やフルアーマーガンダム風な仕上げが目につくけど、被らないようにしたいな。
特殊部隊的な仕上がりを目指す予定。Ez-SRとりあえず仮組み。カラーは落ち着いた色で軍用っぽい。プロポーションは百万式のようなモデル体型ではなく、程よくマッチョな軍人って感じ・・・ちょっと身長伸ばしたいところ。そして、ヒズメ的なつま先のディテール。これが個人的にきにいらない。(NAOKIさんごめんなさい(´д`))

プロポーション改修

脚のみで延長はせず、全体を延長してバランスを取る

身長を伸ばしますが、短足と感じたわけではありません。胴の長さと脚の長さはバランスが取れているとおもいます。
この場合脚だけで伸ばすと銅が寸詰まりになり逆にバランスを崩すことになるので、全体で偏りなく延長が必要。
特に切断してプラ板継ぎ足しなど手間の必要なく伸ばせそうなので

  • 太もも
  • 股関節
  • 下腹
  • ウエスト

の4箇所、1mmプラ板で計4mm延長。ピンの長さも足りてて問題なし。
Ez-SR 延長Ez-SR 延長

「ソール」と「足の甲」のクリアランスを消す

ソールは可動するためか、甲との間に隙間があります。見栄え的にもあまり好きではないし、イラストに比べると幅広になってる印象なのでスマートにいじります。

ソールパーツの側面をエッチングソーで分割。ソール本体を隙間が消える程よい幅にまで削りこんでから側面を再接着。という簡単工作。
隙間も消え、幅狭になりスマート・・・が隙間消し過ぎて塗装でスレそうな予感(笑)
例のヒヅメのつま先は中央のモールドをシアノンで埋めフラットに表面処理。印象を変えてみた。
Ez-SR ソール改修

Before After

改修後はタダのマッチョから細マッチョに昇格。ウエストと脚が絞れて良い感じ!
さて、次回はディテールやら武装やらやっていきましょうか。Ez-SR 比較

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

  • PICKUP