HGBF 1/144 百万式 (MEGA-SHIKI)

HGBF 1/144 百万式 (MEGA-SHIKI)

2014年はなーんにも完成品がなく、「それでもモデラーかよ」みたいなかんじでした。
年始の1月上旬に1体完成できたのはいい幕開け(?)になりそう!今年は月1+alphaくらいのペースで作りたいですね! ガンプラな1年にするつもりですェ(´д`)ェ

作品について

というわけで、2015年最初の完成品はガンダムビルドファイターズトライで登場した百万式です。 本キットはプロモデラーNAOKIさんがデザイン監修を務め、バンダイ初のモデラー目線で作り上げられた製品。 バンダイらしからぬ素晴らしいプロポーションを誇る名キットではないかと感じてます。

逆に、これまでモデラーがやってた。 足を延長したり、胴を伸ばしたりするプロポーション改修する必要がないわけで、もともとの出来が良過ぎなキット増えたらたらモデラーの仕事奪っちゃうよねーなんてことも思いますが(´・ω・`)

さて、こちらの作品、先述の通りキットが素晴らしプロポーションなので基本は手を加えずにビルダーズパーツと若干ディテールアップで簡単フィニッシュしてみました。

ディテールの追加と変更
背中のウィングは航空機のイメージ

本来の(ただの)百式のスタビライザー(安定化装置)ならば航空機のような空力的機能は求められないかもしれませんが、この百万式では飛行能力を有する「メガランチャー」を背負っている。 じゃ、もっと羽っぽくていいじゃんってことで、ビルダーズパーツの「MS強化ウィング」より羽の部分を流用。 駐機状態の戦闘機をイメージしてフラップは切り離し角度を変えて再接着しています

差し色はオレンジ&岡プロ参考のディテール

差し色として各所のにオレンジを散りばめてみた。
追加のモールドはピンバイスで穴あけ、面取り.
岡プロこと岡正信氏のサザビーの作例を参考にし、くどくならない程度に穴を配置。

英語の長文デカールは「マルチパーパスコーションデカール」
恐らく唯一(?)長文デカールが入ってる製品じゃないかな?

アゴを引けるように

アゴの裏側にある出っ張ったモールドを切ることで引けるようになります。
やっぱアゴ引けるとキリっと決まる!
首の軸は1~1.5mm程取り付け位置を後退。

Mk-Ⅱからもパーツを流用

肩のオレンジのスラスターは「MSスラスター」から拝借。
背中のメガランチャー、砲身の付け根のオレンジパーツはRGのガンダムMk-Ⅱティターンズから拝借。
胸と肩の付け根にはスラスター形状の物体を追加(笑) つけた本人スラスターのつもりじゃなかったり。 でもやっぱスラスターに見えるよね(´・ω・`)

カラーレシピ
  • メインカラー(ブルー):みるきぃ☆ぱすてる スマルトブルー
  • サブカラー(ホワイト):ライトグレーFS36495
  • アクセントカラー(オレンジ):コーラルオレンジ
  • フレーム&武装(ブラック):サーフェイサーエボブラック  ※本体フレームはスーパーステンレスを重ね塗り
Before After

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

  • PICKUP