HGUC 1/144 陸戦型ジム の各部改修について

胴体と肩の隙間を少なくする加工

胴体内のボールジョイントを少し削り、押し込めるようにすることで、隙間を消します。
この方法は引き出し機構も生かしたまま、ポリパーツの保持力もほぼ維持したままです。
他HGキットでも似た構造なので応用することもできます。

HGキットでは胴体と肩の間に隙間ができることが多くものによっては見た目の悪さや
軸の細さから貧弱に見えることもあるのでこの隙間をなくしてカッコよくしています。

※サンダーボルト版フルアーマーは異なる構造のため使えなかったです。

アンクルの可動

ノーマルでは可動しないアンクルガードは、フレームを切り欠いて
嵌め殺しになっているボールジョイントを可動させれば、2段可動に出来ます。

マスターアーカイブのイラストに近い脚のラインに寄せることができます。
他HGでも似た構造のキットもあるので、応用がききそうです。


アンクルガードの後ハメ加工

  1. かかとフレームのダボ(軸)を赤丸状にカット。
    次に、この加工したダボ(軸)幅に合わせアンクルガードのダボ穴に切欠きを入れます。
  2. 嵌めて…
  3. 定位置に回転させれば…
  4. 完成

※嵌合が緩くなった場合はダボをシアノン等で少しだけ太らせればOK

嵌めた後回転させ定位置に持ってこれば、切欠き幅よりダボ直径が太いので抜けなくなるのです。
定位置に回転させる前提での加工なので、どこをカットするかは注意してくださいね。
カット前にペンなどでアタリをつけて、チェックするのがよいと思います。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

  • PICKUP